箱詰めみかんのFF14放浪記

新生FF14ファンブログ ゲーム内画像を見習い加工師が魔改造!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SS魔改造】†エオルゼア抒情詩『虎拳龍脚』

Posted by 箱詰めMikan on   0 comments

妖精族シルフの集落に続く黒衣森の街道。
集落の手前、丁度街道が崖に挟まれ細くなる場所には、
夥しいほどの化物達の骸が無造作に転がっている。

そして、中央には、一人のミコッテの女の姿があった。
その女は濃紺のブリオーに同色のタイトスカートにブーツ
といういでたちで、ニーハイソックスとガーターベルトから覗く素足が、
凄惨な現場に妙に艶かしく映えていた。

「…ふむ。これでは、きりがないな…」

女は裾の土を払いつつ、容姿とは裏腹に古風な物言いで呟く。
腰には武技を極めた者のみに与えられる、猛虎を象った拳鍔を携えており、
この光景がその女の仕業であることを物語っていた。

「あやつらの首尾はどうであろうな…?」

『あやつら』というのは同じ『結社』に身をおく彼女の同志達。
今はエオルゼア全土に散らばり、『見捨てられるであろう者達』の為、
大規模な結界術を準備している者達のことだった。

日増しに異様さを増していく『天の凶星』は、この数日間でその不気味さを増し、
月よりも明るく、太陽よりも大きく、手を伸ばせば届きそうなくらいに近づいており
そして、その接近に伴い、各地で化物達が凶暴化し、都市や集落の襲撃が頻発しているのだ。

各国首脳陣、グランド・カンパニー、数多の冒険者が
身命を賭して『凶星の落下』という悲劇の阻止に奔走する中、
彼女が属する『結社』の出した結論は全く違うものだった。

彼女はその時の『マスター』の言葉に想いを馳せる。



我々は、落下の阻止に対して行動しません。
凶星の落下は避けられないでしょう。
そして各国は、己の体制を護る為、首都の防衛を主とするでしょう。
その結果、アラミゴの民や地方都市の住人は
満足な防衛も出来ず、その後も更なる悲劇に見舞われることになります。

我々は、我々の矜持の為、その悲劇を容認しません。
我等は、彼らを守護することに、その全力を尽くします。

もし、悲劇が起こらなかったら。すべては無駄になるかもしれません。
でも、それでもいいではありませんか。
総てが無駄になっても、悲劇が起こらないのであれば。



「やはり、『あの御方』は我が主にふさわしい。」

彼女は満足げに頷くと、腰に下げられた拳鍔を構える。
その目線の先には、土煙を上げながら迫る大型の化物達の群れがあった。

「我が字名『虎拳龍脚』に掛けて、ここから先には一歩も進ませぬ。」
「さぁ、我が奥義、その身をもってとくと味わうがいい!」


虎拳龍脚(文字なしUP)


これは、時の狭間の物語。
次元の狭間から垣間見える出来事。

そして、『結社』と呼ばれた闇の住人達が
荒廃した世界を前に、歴史の表舞台に上がる、少し前のお話。


○おまけ
虎拳龍脚UP



↓制作秘話はコチラ↓

クリックにご協力お願いしますヾ(*´∀`*)ノ
ただいま第位→ ブログランキング・にほんブログ村へ



はい。こんにちわMikanです(゚∀゚)

きょうは!イイニーハイの日!

ですよ?ヾ(*´∀`*)ノ?

ちなみにこれは…ニーソケンさんを一本釣りしようという、
FF14フォーラムのユーザーイベントへの応募作品です(゚∀゚)

わざと、引いた作品で応募してみましたヾ(*´∀`*)ノ

ポーズ自体は、『蹴打』で発動する通常攻撃アクション、
『蹴り』の終わり部分となってます。

ふわって感じになるので、蹴りモーションは撮影にオススメですよー!

ちなみに、比較画像はコチラー。

○比較画像
虎拳龍脚比較

足が切れているのは、他の画像から補完しました(∩´∀`)∩

ごまかすためにぼかしをつけたのはひみt(ぁ


「動いてる感」はそれなりに出たんじゃないかなー、と(`・ω・´)

次は・・・どうしたものか・・・

ネタ(素材)ぎr


元になる素材画像は絶賛募集中ですお!

Mikan

クリックにご協力お願いしますヾ(*´∀`*)ノ
ただいま第位→ ブログランキング・にほんブログ村へ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。