箱詰めみかんのFF14放浪記

新生FF14ファンブログ ゲーム内画像を見習い加工師が魔改造!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

†エオルゼア叙情詩『月下の妖精』

Posted by 箱詰めMikan on   0 comments
黒衣森の西部、クリムゾンパークとモードゥナ地方を繋ぐ街道の外れ。

そこには1つの泉がある。

その泉には常に清浄な水に満たされ、悪しき者を近寄らせないという逸話があった。
一説によれば、泉の底には『工芸の神ビエルゴ』の依代が眠っており、
その加護により、泉の周辺に『聖域』ともいえる結界が張られているといわれている。

しかし、昨今では、その伝説よりも、1つの『奇妙な噂』が人々の注目を集めている。

その噂は『泉には、天空へ還ることを望む、天女が顕れる』というものだった。

初めは「グリダニア観光協会」が流布した眉唾ものであろう、という認識だったが、
ここ最近、目撃談はその頻度を増しており、噂の真偽を確かめる為、
週刊レイブンの記者である一人の青年が調査に出向くことになった。

男が泉の傍にキャンプを張り、『天女』を待つこと、早一週間。
ただ無為に過ぎていく時間は、青年を『諦めの極地』に追い込むには十分すぎた。

「やっぱ・・・ガセ・・・だよなぁ・・・」

青年は深いため息をつくとファインダーから目を離す。
グリダニアの片田舎から、夢を追いかけ家を飛び出したのが5年前。
それから、何かの転機が訪れるわけでもなく、悶々とした日々を送っていた時、
この仕事の話が舞い込んできたのだ。

信憑性の低い『噂』の取材。
だからこそ、正規の記者ではない青年に仕事が回ってきたのであろうが、
青年は、このチャンスに賭けた。

噂が真実であり、その『証拠』を持ち帰ることが出来れば、
それなりの報酬に加え、名が売れる。
そうなれば、人から認められ、都市区画に住まうことも可能だろう。

だが反面、何も成果が出なかった場合は、今の生活を維持することも難しくなる。
その時は実家に戻り、畑でも耕して暮らそう。そう、青年は考えていた。

「・・・まぁ・・・そんなに旨い話があるわけないよなぁ・・・」

青年はそう呟くと、大きく伸びをした。

と、その時。

視界の端になにか、動くモノが入ってきた。

それは、水面をふわり、ふわりと軽やかにわたり、徐々にこちらに近づいてくる。
近づくにつれ、その『モノ』の輪郭が月明かりのなかで鮮明になっていく。

青みを含んだ月の光を浴び、たなびく黄金の髪の毛、透き通るように白い肌。
ここからではその表情を認識することは出来なかったが、かなりの美形であることは間違いない。

そして頭にはミコッテのような耳があるが、もうひとつの特徴である尻尾はない。
シルエットから『女』であろうと思われるが、それも定かではなかった。

なぜなら、その背中からは、1対の透き通った翼が生えていたからだった。

月下の散歩(羽アリ)

「・・・ほんとに・・・いたんだ・・・」

自分でも信じられない、というのが本音だった。
青年は震える手で写真機を構えようとするが、
あまりの緊張に手を滑らせ、写真機が空中に舞う。

(・・・まずいっ!)

写真機はスローモーションのようにそのまま落下し、
「ガシャン!」っと大きな音をたてる。

その瞬間、『天女』は人がいることに気づいたのだろう。
踵を返すと黒衣の森の奥深くに消えていってしまった。

だが、青年の瞳には、鮮明に焼きついていた。
『天女』の背中に『十字に竜とバラをあしらった紋章』が刻まれているのを。

これは、束の間の安息。
壊れた写真機から取り出された『天女』の写真が国中の話題を攫い、
青年が一躍有名人となって、自らの夢を叶えた、とある日常のお話し。



↓製作秘話はコチラ↓

クリックにご協力お願いしますヾ(*´∀`*)ノ
ただいま第位→ ブログランキング・にほんブログ村へ

はい。こんにちわ。みかんDeathヽ(´ー`)ノ
私にしては珍しい、キャラの顔が見えない作品です(゚∀゚)

顔に焦点が当たらない、ということは。。。
ごまかしがきかない
ということでもあり、試行錯誤の連続でした(;´Д`)

今回の技術的テーマは『夜の光』『水面反射』です

ちなみに元画像はコチラヾ(*´∀`*)ノ

○元画像
月下元画像

のっぺりですね

これは、『WSを一人で撮るにはどうしたらいいか』を考えていた時の一枚です。
わかりづらいとおもいますが、『イージスブーン』ですょ?(゚∀゚)?

保存フォルダを見かえしてる時に、
『アレ?これ、飛んでるようにみせられない?』
とおもって勢いで作ってみた感じです!

そして、合成する背景がコチラ。

○元背景
月下元風景

キャラもそうですが、こちらも『白っぽい』Death(´・ω・`)
グリの風景は全体的に緑、白のエフェクトがかかっている感じになって、
どうにも起伏が薄いイメージがあります。

加工前後の比較はこちら(゚∀゚)
コレ以降は『魔改造の同志』向けの記事になりますw

○いつもの比較
月下比較


今回は途中の加工工程の写真はないので、
軽く制作の流れを書いていきます。

【1】キャラ切抜き~加工
いつもどおりにキャラを切り抜いたあと、ふと気づきました。。。
足がどっしり地面を踏みしめていることに。
背景に試しに重ねてみたら、飛んでるどころか、水面を歩く人に(;´Д`)

ふわっと感とだらーん感が必要です(意味不明

というわけで、CS5以上の写真屋さんについてる『パペットワープ』の登場です。

これは、画像を操り人形のように支点を決めて変形できる、スグレモノ機能です。
私がよく使うのは、唇を微笑ませたり、腕の角度を変えたり、ってところですね。
 詳しくはコチラでドウゾ

今回は、『足首』、『足の先端』、『足全体の角度』の三つを加工しています。
この機能もゆくゆくは使いこなしていきたいものです(`・ω・´)

変形が終われば、怖いものはありません!
ですが!今回は!パーツごとにレイヤー分けたりしてません!

だって、パーツが小さくてどうせ見えなくなるから(゚∀゚)

もうあれです。直接ハイライトとシャドウをブラシでかけていきました。
なかなかいい感じになったと自画自賛してみる

陰影つけ終わったら、いつものように髪の毛をカキカキしています(゚∀゚)

このほかには、今回ちょっと変わったことをしています。

いつもであれば、キャラレイヤーを複製して、上のレイヤーを
ぼかし(ガウス)→スクリーンに変更→透明度調整
することによってキャラを明るく、ぼかして見せるのですが、
今回は夜なので、キャラがあまり発光してもよろしくない感じです。

なので、複製したレイヤーについては、
描画ピクセルを選択→選択範囲を縮小(2px)→削除→ぼかし(ガウス)→スクリーンに変更→透明度調整

というように、キャラクターの縁だけを切り取ってぼかしています。
こうすると、キャラの明度は変わらず、縁に燐光のようなぼかしが入ることになります。

今回の一番の収穫です

【2】水面反射処理
次は水面に移りこんだキャラ、石碑などの加工です。
これは、WEBで調べて知ったのですが、超簡単です。

①移りこませたいものを選択し、別レイヤーにコピーする
②『変形→垂直方向に反転』で上下を逆に
③『描画ピクセルを選択』→『フィルター→ジグザグ(左上、右下方向)』で水面の揺らぎを作る
④レイヤーをスクリーンにして、透明度を調整し、水面との境に配置する
⑤『変形→自由な形に』で、水面から遠い方を細くし、角度の応じて長さを変える


ちなみに③~⑤を使うことで、波紋を作ったり、水面の月も作ることが出来ます。

もちろん、今の私のスキルではこの程度ですが、
このやり方のスキルが上がれば、表現方法の幅は広がりますよ!

【3】背景効果処理
最後は全体の効果です。

まずは、波紋や水面に移った月、キャラなどの水面反射を背景画像と結合しています。
別々でもやれないことは無いんですが、手間がかかりすぎる感じだったので、一枚絵にして弄ります。

一枚絵の背景に施したのはこんな感じの加工です。

①トーンカーブで暗く、メリハリのある感じに調整する
②焼き込み、覆い焼きツールでハイライト、シャドウをつける


そして、その次にライトエフェクト関連です!
今回は、今までで一番多くの『光の効果』と『調整レイヤー』を使っています。

①「青」を出したかったので、下のほうから『青→透明』のグラデーションをスクリーンで乗せる
②空からの『木漏れ日』のようにグラデーションを作って重ねる。
③各レイヤー用にトーンカーブの調整レイヤーをつくり、クリッピングマスクにする。
 ※これで各レイヤーを微調整しています。
④全体にかかる「色調補正」「レベル補正」「トーンカーブ」の調整レイヤーをつくり、
 陰を濃くしたり、青みをつけたり、明るいところを強調したりする。


最後に、せっかくなので剣にライトエフェクトをかけて、完成です!

○完成品
月下の散歩


・・・このために、ライトエフェクトをポチったのはひみつ!(;´Д`)

出来ること、組み合わせられることが段々増えてきて・・・

いま、最高にFF14を楽しんでいます(゚∀゚)(マテ

現行版はあと少しで終了ですが、それまでにイロイロ素材をためておいて、
新生をSS魔改造しつつ待とうとおもいますヾ(*´∀`*)ノ

それでは、また! See You!

Mikan

クリックにご協力お願いしますヾ(*´∀`*)ノ
ただいま第位→ ブログランキング・にほんブログ村へ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。