箱詰めみかんのFF14放浪記

新生FF14ファンブログ ゲーム内画像を見習い加工師が魔改造!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザンツゥー陶片『絶望の運び手』

Posted by 箱詰めMikan on   0 comments

抜けるような青空、カラッカラに乾燥した風、容赦なく照りつける太陽。
生物を拒むような荒野をボロボロのローブに身を包んだ3人の旅人が進んでいく。

「・・・ぁっぃ・・・」

消え入りそうな声がローブの1つ、隻眼のミコッテから漏れる。

「・・・そのセリフ・・・なんどめだ・・・いい加減、めんどくせェ」

イラついた答えを返したのは隣を歩くララフェルの青年だ。
もう一人、ローブの下に、さらに漆黒のローブを重ね着した
魔術師風のミコッテは、虚ろな瞳でカクカクと頷くだけだった。

そろそろ、彼らの忍耐も限界になっている。
こと戦闘行動においては無類の強さを誇る彼らだったが、
自然現象に対してはそこまでの耐力はないらしい。

それでも、グリダニア、ウルダハ間を
わずか3時間で踏破した、といのは十分な偉業ではあるが。

「はぁ~い。お三方、まっとったでぇ~」

FF14画像


剣呑な雰囲気をまとった三人に対して、底抜けに明るい声がかけられ、
三人の顔の「疲れ」がより一層その濃度を増す。

「ぁぁ…よりにもよって…」
「・・・なんで・・・一番めんどくせェ奴が・・・」
「      」

三者三様の反応を、心底意外そうに受け取るのは
褐色の肌を惜し気もなく晒し、最低限の金属製防具だけを身に着けた
輝くような銀髪のミコッテだった。

「あんたら、あいもかわらずひっどいなぁー。
 ウチかて『いっしょうけんめい』やってるんやで?」

独特の東部訛りの言葉と共に、
ワザとらしい泣き真似をするミコッテ。
ララフェルの青年は全力でそれをスルーする。

「わりぃが、今はオマエのテンションについていく余裕はねェ。
 んで、準備はできてんのか?」

青年の言葉にミコッテの瞳だけが真剣さを帯びる。

「はいはぁ~い。『細工は流流、仕上げを御覧じろ』ってやつやね」
「わかった。早速、はじめようか」

ふざけた喋りにもかかわらず、その言葉には絶対の自信と信頼がある。
        トランスミッター
そう、彼女は『伝達者』と評されるプロの運び屋。

         そして、『結社』の一員。

どんなに防備を固めた場所であっても、
そこに『絶望』という名の実働部隊を『透す』プロフェッショナルだ。

「んじゃ、ミッションスタートといきまっかー!」

やけに軽い言葉と共に、とあるウルダハの貴族邸に向け、

暴力と絶望の嵐が、進軍を、開始する。

↓製作秘話はコチラ↓


クリックにご協力お願いしますヾ(*´∀`*)ノ
ただいま第位→ ブログランキング・にほんブログ村へ

はい、こんばんわ。Mikanですヽ(´ー`)ノ

『箱詰めみかん』で検索して1ページ目に来ましたょ?(゚∀゚)?
でも『FF14』関連だと全然出てきませんwwww
FF14 ネタ』の画像検索ならチョコチョコ引っかかるんですけどねー。

と、いうわけで、次の作品です(゚∀゚)

頂いた画像を基にしたのですが、ちと荒かったので、縮小してジャギーを目立たないようにして…

細部を滑らかに、というのと『重さ』をつけていくという加工をメインにしてみました。

褐色の肌が滑らかに、いい感じにエロくなった
のでは、と思うます(゚∀゚)

あとは、フリカンの紋章を刺青風に入れてみました。
むろん、刺青なしVer.もあるます。

○刺青なし
FF14画像

○恒例の比較画像
FF14画像

物語の方は…ポーズがポーズなだけに、ダークなものにはどうしても出来ず、
閑話休題てきなお話にしてみました(゚∀゚)

過去の記事に出てきた人物も再登場です(*゚ー゚)

さてー!つぎはー!
いよいよ自キャラにとりかかります!(゚∀゚)

まずは背景素材あつめだーヽ(`Д´)ノ

それでは、また!See You!

Mikan

クリックにご協力お願いしますヾ(*´∀`*)ノ
ただいま第位→ ブログランキング・にほんブログ村へ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。