箱詰めみかんのFF14放浪記

新生FF14ファンブログ ゲーム内画像を見習い加工師が魔改造!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Photo Letter第三弾『それぞれのX'mas』その②

Posted by 箱詰めMikan on   4 comments
はい、こんばんわヽ(´ー`)ノ
Mikanでぅヽ( `・ω・)ノ


妄想があふれすぎましたが、これでひと段落?

■揺れる想い
揺れる想い

深い悲しみと絶望の中、彼女が子供達とともに「生きること」を選べたのは、
亡き夫の親友である、ウルダハの石油王の支えがあったからでした。

彼は公私にわたり、彼女と子供達の傍らで悲しみをすすぎ、
生きるための希望を与え続けてくれました。

そう、彼女の心が悲しみを乗り越え、揺れ動くほどに。

■亡き友への誓い
亡き友への鎮魂歌

事件が起こるまで、彼の周りには黒いウワサが絶えませんでした。
ねたみや嫉みを含んだその噂は、彼を暗黒街のフィクサーとして存在させていました。
彼自身もその噂に乗っかり、横暴な振る舞いをすることも目立ちました。

しかし、あの忌まわしい事件の後、彼の行動は一変します。

大富豪にもかかわらず、貧民街に住む家族の下に足しげく通い、
町民と食事を共にし、共に笑い、共に泣く。

そんな姿がよく見受けられるようになり、
徐々に町民の、彼に対する評価も変わっていきます。

そして、彼自身も、自分の変化に戸惑っていました。

親友との誓いを護り、義務感から一家の面倒を見ていたころとは違い、
今は、自分のほうが、彼女と子供達に「変えられている」。

自分の中にこんなにも暖かいものがあるとは思いもしませんでした。
それを教えてくれたのは、紛れもなく、彼女でした。

そして・・・彼は決断します。

親友との誓いから、彼女たちを護るのではなく、
自分自身の意思として、護る事を。


あぁ、妄想がとまらない



ちきんさんが、なにやら格好良すぎるので、勢いで作ってみた!

おまけ
ぞんびちゃん

Comment

いやぁ…なんというか…。





最後の奴で台無しですwwww
2010.12.23 12:01 | URL | Miina #- [edit]
Re: タイトルなし
>みーなさん
ふははーw
だって!チキンさんが格好良すぎるだもの!!

やっぱり、落としておかないとw
2010.12.28 10:20 | URL | Mikan #- [edit]
こんばんわ!

そのままカッコいいまま終らせてくれればよかったのに(´・ω・`)
最後のゾンビちゃんとかwwwwひどすぐるwwwww

とりあえず加工お疲れ様です!
もうネタじゃなくて芸術の域ですな(´∀`)!!
2010.12.29 02:47 | URL | ちきん #- [edit]
Re: タイトルなし
>ちきんさん
いらっしゃいまし!
格好良く持ち上げると、落としたくなるのが人情なのですよ(´・ω・)y--oO○

褒めても何もでませんよ?!

 ・・・ぁ・・・ネタは出るかも・・・?www
2010.12.29 11:23 | URL | Mikan #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。